雨庭(あめにわ)のすすめ[京都]

自然災害

伝統的庭園技術と水と共に生きるランドスケープ

気候変動の影響でゲリラ豪雨が増える中、その対策として、降った雨を一時的に貯めて浸透させる、植栽空間としての「雨庭」が世界的に注目されている。枯山水などの伝統的日本庭園づくりの技術に学びながら、雨庭づくりに取り組む京都の事例を訪ねた。

タイトルとURLをコピーしました